SCORE CARDBACK NUMBER

マラソン女子代表は“3人”。
現状打破へ、陸連の決意。
~世界陸上“5枠”を使い切らず~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byJun Tsukida

posted2013/05/21 06:00

マラソン女子代表は“3人”。現状打破へ、陸連の決意。~世界陸上“5枠”を使い切らず~<Number Web> photograph by Jun Tsukida

男女代表で唯一、派遣標準を突破した木崎。記者会見で「最低限の目標は入賞」と語った。

 4月25日、今夏にモスクワで行なわれる世界選手権のマラソン日本代表が発表された。衝撃が走ったのは女子だった。出場枠通りに5名を選出した男子に対し、同じ枠がありながら、木崎良子、野口みずき、福士加代子の3名に絞ったのだ。1997年の世界選手権で5枠となって以降、枠を使い切らないのは初めてのことだ。

 今回、選考の基準となる派遣設定記録が2分引き上げられてはいたものの、従来通り、記録に達しなくても国内の選考大会で3位以内なら代表候補の対象であると定められていた。今までこの規定により出場枠を目いっぱい使ったのに対し、記録をクリアした木崎以外の選出を2名にとどめた意図を、日本陸上競技連盟の尾縣貢専務理事はこう説明する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 588文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

常識を超えろ。~BASEBALL RISES 2013~

Sports Graphic Number 828

常識を超えろ。
~BASEBALL RISES 2013~

 

関連記事

木崎良子
野口みずき
福士加代子
尾崎好美
重友梨佐
天満屋
那須川瑞穂
小出義雄
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ