SCORE CARDBACK NUMBER

世界王座への登竜門、
新人王戦に期待する。
~ボクシング界の金の卵たち~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2010/08/12 06:00

世界王座への登竜門、新人王戦に期待する。~ボクシング界の金の卵たち~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

ミニマム級の原隆二が今年一番の注目株。一時、競馬騎手を志したが、再び拳で勝負する

「新人王予選」は今が熱戦真っ盛りだ。今年67回目を迎えた東日本新人王戦は12階級に204名が参加し、11月の決勝戦、暮れの全日本決勝に向け、着々と優勝候補が絞られつつある。

「チャンピオンへの登竜門」と言われる通り、新人王から出世して世界王座に就いた選手は、これまで全日本、東日本含めて18人もいる。原田政彦(ファイティング原田)と海老原博幸、のちに世界王者になった2人のライバルが東日本フライ級決勝で激闘を演じた新人王史随一の名勝負は、ちょうど半世紀前の'60年。ダウンを奪って勝った原田は、その後2年足らずで世界の頂点に立つ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 637文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年記念甲子園 涙の名勝負神を見た夏。

関連記事

ボクシングの前後の記事

ページトップ