SCORE CARDBACK NUMBER

投資銀行との業務提携は、
FEG起死回生の一手か。
~K-1設立から17年後の試練~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2010/08/06 06:00

投資銀行との業務提携は、FEG起死回生の一手か。~K-1設立から17年後の試練~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

DREAMライト級王者として川尻を倒し初防衛に成功した青木。リング上で結婚報告も

 K-1やDREAMを運営管理するFEGが揺れている。7月5日に開催したK-1・63kg級ジャパントーナメントFINALは、アップセットの連続の末に大和哲也が優勝。その5日後に開催されたDREAM15では青木真也が川尻達也をアキレス腱固めで秒殺し、4カ月前のアメリカ遠征でギルバート・メレンデスに完敗した汚名を返上した。

 いずれも衝撃度は大きかったが、大会を支えるFEGの経営状態はけっして楽ではないようだ。今年のK-1・70kg級の世界一決定トーナメント開幕戦は史上初の分催となり、前述の63kg級と一緒に行なわれたのは日本代表が絡んだ3試合のみ。残り5試合について谷川イベントプロデューサーは「フランスで開催したい」と発言したが、7月中旬現在正式発表はない。一方、K-1甲子園は7月23日になって、ようやくその開催が発表された。昨年は62kg級と70kg級に分けられ5ブロック制による地方予選が開催されたが、今年は60~65kg級の一階級のみ。地方予選も東日本と西日本に大別された。8月25日の東日本予選までは20日あまりしかない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 566文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年記念甲子園 涙の名勝負神を見た夏。

関連記事

格闘技の前後の記事

ページトップ