SCORE CARDBACK NUMBER

4時間59分の死闘に見る、
「怪物」錦織圭の可能性。
~全米OP3回戦途中棄権の裏側~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2010/09/20 08:00

4時間59分の死闘に見る、「怪物」錦織圭の可能性。~全米OP3回戦途中棄権の裏側~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

'08年に続く全米オープン16強は逃したものの、予選勝ちあがり組では唯一3回戦に進出した

 まだジュニアでプレーしていた頃、全仏ジュニアで地元フランスのホープを叩きのめした錦織圭は、現地の新聞に「怪物」と書かれた。シャイでいつも笑顔を絶やさない彼に怪物の異名は似合わないなと感じたのだが、今回の全米オープンで、やはりこの男は怪物なのか、と思い直した。

 シングルス2回戦、錦織は4時間59分の死闘の末に、世界ランキング13位のマリン・チリッチ(クロアチア)を倒した。大会の公式ウェブサイトは“生き残りを懸けた戦い”という意味なのか、「ラストマン・スタンディング」と見出しをつけて、この試合を大きく報じた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 630文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表改造計画。

Sports Graphic Number 762

日本代表改造計画。

 

関連記事

錦織圭

テニスの前後の記事

ページトップ