SCORE CARDBACK NUMBER

背番号「88」でも揺るがない、
田中賢介の熱き思い。
~夢のメジャーへ這い上がる~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2013/03/23 08:00

背番号「88」でも揺るがない、田中賢介の熱き思い。~夢のメジャーへ這い上がる~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

あえて通訳をつけず、家庭教師をつけて日々英語と格闘している田中。努力は実を結ぶか。

 憧れのユニホームに初めて袖を通した瞬間、ジャイアンツ田中賢介は自らの置かれた立場を再認識した。2月16日のキャンプ初日。クラブハウス内のロッカーに吊るされていたのは、背番号「88」のユニホームだった。

「ちょっと重いですね」

 日本ハム時代は、主力を意味する「3」。通常、コーチ陣やスタッフが背負うような「88」に苦笑するしかなかったが、すべては覚悟の上だった。

 昨年オフ、海外FA権を行使してメジャー挑戦を表明した時点で、腹は括っていた。日本に残れば、2億5000万円の年俸と二塁の定位置は約束されていた。それでも「メジャーでプレーしたい」との思いが揺らぐことはなかった。今年1月、複数球団の中からジャイアンツとマイナー契約を結んだ。年俸は最低保証の4万ドル(約360万円)、メジャー40人枠に入っても75万ドル(約6800万円)の条件も受け入れた。夢を実現させるうえで、金額は二の次だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 499文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

WBC 侍ジャパンの「天国と地獄」。

Sports Graphic Number 2013/3/30臨時増刊

WBC 侍ジャパンの「天国と地獄」。

 

関連記事

田中賢介
サンフランシスコ・ジャイアンツ

MLBの前後の記事

ページトップ