SCORE CARDBACK NUMBER

全英の難コースで
問われる“人間力”。
~石川遼、「聖地」攻略のカギ~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2010/07/12 06:00

全英の難コースで問われる“人間力”。~石川遼、「聖地」攻略のカギ~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

ゴルフ発祥の地「セントアンドリュース」で史上初となる3勝目を狙うタイガー・ウッズ

 今年で139回目を迎える全英オープンが7月15日に開幕する。

 第1回大会は1860年だから、150年もの歴史を誇る世界最古のオープン競技大会だ。

 ゴルフの4大メジャーの中で「マスターズは、国立劇場。全米オープンは、国立競技場」と中嶋常幸がその特徴を比較したことがあった。

 マスターズは、パフォーマンスを披露する場、全米オープンは、アスリートとしての限界に挑戦する場ということだ。

 ならば全英オープンは、どんな大会だろう。ひと言でいえば、人間が自然と対峙する中で、いかに自分の技量、叡智を使いこなせるかという人間力が問われる大会だと思う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 578文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

南アフリカW杯激闘録日本代表、ベスト16の真実。

Sports Graphic Number 2010/7/14臨時増刊

南アフリカW杯激闘録
日本代表、ベスト16の真実。

 

関連記事

タイガー・ウッズ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ