野球善哉BACK NUMBER

浅村栄斗と金子侑司が新時代を築く!!
あえて同級生を競わす西武の育成法。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/02/10 08:01

浅村栄斗と金子侑司が新時代を築く!!あえて同級生を競わす西武の育成法。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

春季キャンプでは、ドラフト1位の投手・増田達至とともに1軍入りとなった金子。「金子は遊撃を守れるので、他の選手と競争させたいと思っている」と渡辺監督の期待も大きい。

俊足、高い守備力、スイッチヒッターを誇る金子。

 大学1年春にベンチ入りを果たすと、同年秋にはスタメンに名を連ねるようになった。ただ、当時は浅村と同じく遊撃手ではなく外野を守ることがあった。金子の心境もまた、浅村のようなものだった。

「俺が守るのはショートやと思っていました。試合に出たいから、1年秋は外野を守っていましたけど、『今だけやからな』って思っていた」

 と金子は回想している。

 金子の武器は50メートルを5秒7で駆け抜ける脚力。大学時代に何度か参加した日本代表合宿では誰にも負けたことがない。足を生かした広範囲の守備力、堅実なバッティングが金子の持ち味だ。ちなみに、金子はスイッチヒッター。長打も打てる右打席と足で稼ぐ左打席という特性を持つ。

 浅村と金子とでは、プレースタイルは違う。

 だが異なっているからこそ、そんな2人が競い合うことでチームに新たな化学変化が生まれると期待できるのではないだろうか。

「新しい顔ぶれが出てくる予感が。今年のライオンズは変わる」

 長く西武を支えた中島が抜けるということは、つまり、西武が新しい時代を作っていかなければならないという意味でもある。片岡や中村、栗山にしても、これから中堅からベテラン選手になっていくのである。

「新しい顔ぶれが出てくる予感がしている。今年のライオンズは変わる」と渡辺監督は今季に向けたインタビューで語っている。

 外野陣には秋山翔吾、熊代聖人ら近い世代の選手がしのぎを削り、投手陣の中で伸び悩む大石達也の傍には、同級生の新人・増田達至がいる。

 西武が新しい時代に突入しようとしているのは間違いない。

関連記事

BACK 1 2 3
埼玉西武ライオンズ
渡辺久信
中島裕之
浅村栄斗
永江恭平
山崎浩二
鬼崎裕司
金子侑司
片岡易之
中村剛也
栗山巧
秋山翔吾
熊代聖人
大石達也
増田達至

プロ野球の前後の記事

ページトップ