野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

球界最強のモノマネ王が引退――。
DeNA高森勇旗の“ビミョー”な去り際。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byHidenobu Murase

posted2013/01/29 10:30

球界最強のモノマネ王が引退――。DeNA高森勇旗の“ビミョー”な去り際。<Number Web> photograph by Hidenobu Murase

斎藤佑樹、田中将大と同学年。モノマネのレパートリーはイチロー、小笠原道大など幅広い。写真は、昨年11月にKスタ宮城で行われたトライアウトに挑んでいた時の高森。

「あらゆるジャンルで今後の高森勇旗にご期待ください」

「結局、僕の大きな夢は野球人気を盛り返すことなんですよ。一軍に2日しかいられないような僕は本当のプロ野球の醍醐味を知らないのかもしれません。でもこんな僕にもあれだけの応援をしてくれる人がいた。プロ野球界……なんだかんだで、人間味溢れるいい世界なんですよね。そこを手っ取り早く盛り上げるにはベイスターズが強くなることですよ。一時は憎みもしましたが……僕を育ててくれた球団であり、後輩たちもいます。

 僕は引退しますけど、栗山さんみたいに勉強して、外から球団に何か恩返しというか、例えば、まったく新しい仕組みを作って、いずれ野球界のシステム構築から変えられるようなことができれば……なんてことも考えています。

 ただ、タレントとしてはベイスターズからの仕事は、僕がある程度成功するまでは受けないつもりです。現役時代、まったく結果を残せずに辞めているのに、そこでまた甘えるわけにはいかない。大きくなって帰ってこようと思います。だから、その時までに少しは強くなっていろよと。暫しのお別れですが、あらゆるジャンルで今後の高森勇旗に期待していてください」

 プロ野球の世界では成功したとは言えないのかもしれないが、12球団の一番下であがいた6年間の経験は、この先の人生に役立つものだと信じたい。

 さようなら、日本一面白かったホームランバッター。

 横須賀でその姿が見られなくなるのは寂しいが、いつの日か志を果たし、木塚コーチのアレがテレビで観られる日を楽しみにしている。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
高森勇旗
横浜DeNAベイスターズ
佐伯貴弘

プロ野球の前後の記事

ページトップ