プロ野球亭日乗BACK NUMBER

侍ジャパンは2次ラウンドで敗退!?
好投手が揃うライバル国に要警戒。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/01/21 10:30

侍ジャパンは2次ラウンドで敗退!?好投手が揃うライバル国に要警戒。<Number Web> photograph by AFLO

2006、2007年に2年連続で19勝を挙げるなど、ヤンキースのエースとして活躍した王建民(2010年よりナショナルズ)。台湾代表の一員としてWBCでどんな投球を披露するか注目される。

韓国と台湾に好投手が多く、完全に抑えられる可能性も。

「相手の投手にぴしゃりと抑えられたら負けるケースも十分にある。総合力では今回はキューバと日本が頭一つ抜き出ているとも言えますが、その一方で韓国も台湾もいい投手がいる。しかも韓国はもちろん、ディフェンディングチャンピオンということでキューバも台湾も打倒日本を掲げて、日本をターゲットに予選に乗り込んできますから。研究もされているし、日本戦は特別に気合いが入ってくる。まったく楽観はできないでしょう」

 前出の関係者はこう警戒感を強めている。

 じりじりとした投手戦の末に、ポンと1点が入ってゲームが決まる。総合力で勝っていても、1人の投手によって勝敗が決する。これまでの国際試合で日本はこのパターンで煮え湯を飲まされたことが何度もある。

 それが国際試合の怖さでもあるのだ。

「アメリカに行こう」

 日本代表の山本浩二監督が掲げた、侍ジャパンの最初の目標だ。

 ただ、どうやら実はここが一番の難関になるという覚悟が必要なようである。イチローやダルビッシュのメジャー組がいないことではない。

“ワンマッチ”は何が起こるか分からないということだ。

関連記事

BACK 1 2 3
王建民
陽耀勲
林イー豪
王溢正

プロ野球の前後の記事

ページトップ