野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

古木克明最新報告(トライアウト篇)。
30代無職、野球バカの挑戦、再び。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byAkihiro Saga

posted2012/11/20 10:31

古木克明最新報告(トライアウト篇)。30代無職、野球バカの挑戦、再び。<Number Web> photograph by Akihiro Saga

11月9日のトライアウトには大相撲の峰崎部屋の勧誘ビラも配られた。格闘家に転身したこともある古木は「その道を選ぶならチャレンジしたらいいと思う。人生経験で変わってくる」とコメントした。

「離れて暮らす娘が誇りに思えるカッコいい親父になる」

 だが、野球道は修羅の道。これまで何千、何万人のプロ野球選手が、「それでも野球を続けたい」と願いながら、ユニフォームを脱いできた。野球が終わっても人生は続き、生活がある以上、そこで諦めても誰も咎めることはない。それらを犠牲にしてまで棘の道を進むことに何の意味があるのかとも思う。何故ここまでやるのだろうか。

「こんな僕を応援してくれる人たちに、感謝を伝えるには野球人・古木克明で居続けることしかできない。そして、もう僕が娘にしてやれることは、頑張っている姿を見せてあげることだけなんです。彼女が大きくなって困難に当たった時に、『お父さんはどんな状況でも諦めずに頑張った』と心の支えにして貰えるようになること。本当にそれだけしかできず、申し訳ないし、情けないんだけど……少しでも娘が誇りに思えるカッコいい親父になりますよ。最後に会った1年前のクリスマスに、『その時までパパの顔を忘れないでね』と約束したんです。いつか必ず会えると信じていますから」

 散々遠回りして、プロ野球界から姿を消したスター。周囲の反対を押し切り、野球界を飛び出したことで、失ったものは大きすぎたのかもしれない。だが、それでも古木なら、きっと何かを起こしてくれる。エラーの後の一発逆転、そんな胸のすく終幕こそが、スターには良く似合う。

 NPB、海外挑戦、どちらをゆくも棘の道。進むのは容易じゃない。しかも古木は弱い。多分これからも、二転三転しながら、弱さに打ち勝とうと悩み足掻き、前に進む。その姿は必ず誰かを勇気づけているに違いない。

 今は21日鎌ヶ谷で行われる二次のトライアウトを目標にしている古木。NPBへのアピールよりも意味があるという、野球人の生き様を懸けた真剣勝負。しかと目に焼き付けておきたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
古木克明

プロ野球の前後の記事

ページトップ