SCORE CARDBACK NUMBER

日本代表「新守護神」へ。
涌井秀章にかかる期待。
~「やらされた抑え」からの脱皮~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/11/07 06:00

日本代表「新守護神」へ。涌井秀章にかかる期待。~「やらされた抑え」からの脱皮~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

涌井(左)を守護神に転向させた渡辺監督は「責任感が増した」と愛弟子の成長を喜んだ。

「短期決戦で悔いだけは残したくなかった」

 ペナントレースを2位通過した西武・渡辺久信監督の思いは、CSファーストステージで、早めの継投になって表れた。ソフトバンクと1勝1敗で迎えた第3戦。2点ビハインドで迎えた9回のマウンドに守護神・涌井秀章を送った。センター秋山翔吾の連続好捕に助けられ、最後はスライダーで今宮健太を二塁フライに打ち取るも、試合には敗れた。今季の涌井の成績は1勝5敗30セーブ。セーブ王争いでは武田久に及ばなかったが、クローザーとしての役割をしっかり果たした。

 昨年、9勝12敗と苦しいシーズンを送った涌井は今季に懸けていた。ところが開幕投手を務めたものの3連敗を喫し、早々と二軍落ち。さらにその後、女性とのトラブルを週刊誌に報じられ、球団から無期限の謹慎を命じられた。6月に謹慎処分が解け、抑えとして戦列に復帰した時のことを涌井はこう振り返っていた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

涌井秀章
埼玉西武ライオンズ
渡辺久信
東尾修

プロ野球の前後のコラム

ページトップ