野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

ベイスターズは変わったのか――。
涙にくれた2012年を総括する。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2012/10/23 10:31

ベイスターズは変わったのか――。涙にくれた2012年を総括する。<Number Web> photograph by Kyodo News

10月8日の横浜スタジアム最終戦で大演説をするベイスターズの中畑監督。

石井琢朗選手ありがとう……で、中畑監督どうします?

 翌8日、vs.カープ。横浜スタジアム最終戦。

「2012 FINAL SERIES~感謝そして誓い~」と銘打たれたシリーズのオーラスにして、雨で流れた9月23日の代替試合は、奇しくもカープ石井琢朗のラストゲームと重なり、横浜スタジアムは2万7518人の超満員に膨れ上がった。カープファンが大量に押し掛けたとは言え、チケットのないファンが外にあぶれるほどの客入りは、嬉しくもあり、球団が目標に掲げ、努力してきたことの、ひとつの結実でもあったと思う。

 試合の方は石井琢朗の最後の勇姿に感動しながらも、前夜にサヨナラ本塁打を浴びた藤江がこの日も押し出し&押し出し&満塁ホームランと大炎上して終戦。涙どころか、鼻くそすらカピカピに乾く、何の救いもない惨敗だった。

 ただ一つ。この敗戦を受け、中畑監督がセレモニーで何を語るのかに注目していた。言い訳のしようがないシーズンの大惨敗を突きつけられては、かつての大沢親分のように土下座でもするしかないのではないか。

 そんなことを考えながらはじまったセレモニー。センターのビジョンに1年間の戦いをまとめた映像が流れた後、試合前に「その時の気持ちを話す」と言っていた中畑監督が、静かに語り始める。

「ベイスターズの弱さはじゅーーぶんにわかりました」

「えー……この……。横浜スタジアムに、日本で一番弱い、12球団最下位の横浜ベイスターズ。この試合にこれだけのお客さんを満員にし、最終戦を迎えられたことを心から御礼申し上げます。

(中略。後、徐々にヒートアップ)

 VTRの紹介にもありました、マエケンのノーヒットノーランでスタートした今シーズン。そして今日も完投を許し、また敗北を味わいました。この敗北は全員、我がDeNAベイスターズの選手は心の傷として忘れることはできません。

(中略。後、かなりヒートアップ)

 もう、DeNAベイスターズの弱さはじゅーーぶんにわかりました。何が足りないのか! 何が必要なのか! 十分わかっております! あとはDeNAフロント、そして現場と、共に最高の準備をこのオフにし、来季は、ファンの皆さん、一緒にクライマックスを戦いましょう! やりましょう! それができなければ私はクビです。それをお約束して御礼の言葉に代えさせていただきます。ありがとうございました!」

【次ページ】 少なくともファンには中畑監督の叫びは心に届いた。

BACK 1 2 3 4 NEXT
横浜DeNAベイスターズ
中畑清

プロ野球の前後の記事

ページトップ