SCORE CARDBACK NUMBER

マイナー競技だからこそ。
五輪に懸ける彼らの決意。
~ロンドンで運命を切り開くか?~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS/AFLO

posted2012/07/28 08:00

マイナー競技だからこそ。五輪に懸ける彼らの決意。~ロンドンで運命を切り開くか?~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS/AFLO

昨季より滞空時間を得点化した新ルールが導入され、跳躍力のある伊藤に追い風となった。

 折に触れて、思い出す言葉がある。

「『あんなのスポーツじゃない』とか、中傷する話も耳にしていました。自分はプライドをもってやっている。そう言われるのが悔しかった。それには五輪でアピールするしかない、メダルを取って魅力を知ってもらおうと思って臨みました」

 トリノ五輪で必死の戦いを見せ、ブームを起こしたカーリング日本代表、小野寺(現・小笠原)歩の言葉である。

 ロンドン五輪を前に、室伏広治、北島康介ら第一人者たちをはじめ、陸上や競泳などの選手が脚光を浴びている。だが、その恩恵にあずかれない選手たちもいる。いわゆる「マイナー」と言われる競技の選手たちだ。彼らは、小野寺のように使命感とともに競技と向き合ってきた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

伊藤正樹
黒須成美
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ