NumberEYESBACK NUMBER

史上初の2団体王座統一戦、
“大穴”は下馬評を覆せるか。
~井岡一翔vs八重樫東戦プレビュー~ 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2012/06/19 06:00

史上初の2団体王座統一戦、“大穴”は下馬評を覆せるか。~井岡一翔vs八重樫東戦プレビュー~<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

ホーム大阪で戦う井岡(右)に対し、八重樫には敵地の重圧もかかる。

 世界王者vs.世界王者。

 6月20日、ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館)で行なわれるボクシングの世界タイトルマッチは、従来の世界戦とはひと味もふた味も違う。決戦の舞台に上がるのは、WBC世界ミニマム級チャンピオンの井岡一翔(井岡)とWBA同級王者の八重樫東(大橋)。別団体の日本人世界王者が王座統一戦を戦うのは、史上初めてのことだ。

 この両者、一般に馴染みが深いとすれば井岡だろう。元世界チャンピオンの井岡弘樹会長を叔父に持ち、日本最速記録となるプロ7戦目で世界タイトルを奪取。2度の防衛戦も難なくクリアした23歳はスター街道をひた走るサラブレッドである。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

井岡一翔
八重樫東

ボクシングの前後のコラム

ページトップ