SCORE CARDBACK NUMBER

体操団体総合の悲願を託された
加藤凌平の武器。
~「ゆか」のスペシャリストとして~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2012/05/28 06:00

体操団体総合の悲願を託された加藤凌平の武器。~「ゆか」のスペシャリストとして~<Number Web> photograph by Asami Enomoto

父の果たせなかった五輪出場を決めた加藤。母も元選手、弟も現役選手という体操一家。

 初々しさを感じさせる表情で、18歳の新星は、代表に選ばれた感想をこう語った。

「実感がなくて、夢のようです」

 体操男子のロンドン五輪代表、加藤凌平だ。オリンピックでの日本男子の鍵を握ることになる存在でもある。加藤の選出には、日本体操界の4年越しの悲願が託されている。

 男子体操は、すでに内定していた内村航平を除く4名を、4月の全日本選手権、5月のNHK杯の結果で選考した。両大会の総合得点上位5名を選んだ女子に対し、男子は個人総合トップの選手、ゆか、鉄棒でそれぞれトップだった選手など複雑な選考方法を採った。団体総合で金メダルを獲得するためである。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

加藤凌平
内村航平
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

体操の前後のコラム

ページトップ