野球クロスロードBACK NUMBER

高木新体制で「落合色」は一掃された!?
6番井端、7番平田に込められた意図。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/04/02 12:30

高木新体制で「落合色」は一掃された!?6番井端、7番平田に込められた意図。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

開幕3試合、井端(左)は11打数6安打で打率.545。平田は12打数5安打で.417。打点もそれぞれ3、4と、高木・中日の好発進を支える原動力となっている。

「Join us ファンと共に」の本当の目的とは?

「井端は本来のしぶとさを出してくれた。平田にしても(凡打だった)前の打席を踏まえてくれたからこそヒットを打てたし、それがあったからホームランも出たと思う」

 高木監督はそう言って笑みを浮かべた。

 2戦目も井端と平田で4打点を叩き出したことについて、「6、7番があれだけ打ってくれると点が取れる」と手ごたえを掴んでいた。ふたりが無安打だった3戦目がわずか2点しか取れなかったことからも、今季の打線のキーマンは6番・井端、7番・平田であることは、まず間違いないだろう。

「これからが面白いと思いますよ」

 高木監督はそう言っていた。常勝・中日の全てをたった3試合で理解するのは難しい。1試合、1試合、ひとつひとつのプレーに括目し、指揮官の言葉に耳を傾ける。そうすることで、中日の野球の本質が見えてくるはずだ。

 そうやって、中日というチームに注目を集めることこそが、今季のスローガンである「Join us ファンと共に」の本当の目的なのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
中日ドラゴンズ
高木守道
井端弘和
平田良介

プロ野球の前後の記事

ページトップ