NumberEYESBACK NUMBER

チームワークが光った、
パラリンピックの日本勢。
~前回を上回る11個のメダル獲得~ 

text by

宮崎恵理

宮崎恵理Eri Miyazaki

PROFILE

photograph byKenta Yokoyama/PHOTO KISHIMOTO

posted2010/04/13 06:00

チームワークが光った、パラリンピックの日本勢。~前回を上回る11個のメダル獲得~<Number Web> photograph by Kenta Yokoyama/PHOTO KISHIMOTO

表彰式後、スレッジホッケー主将の遠藤は「取ったぞー!」と叫んだ

 3月12日から10日間にわたって行なわれたバンクーバー冬季パラリンピック。日本は初出場となる車いすカーリングのほか、アルペンスキー、クロスカントリースキー、バイアスロン、アイススレッジホッケーの全5競技に出場し、前回のトリノ大会を2個上回る11個(金3、銀3、銅5)のメダルを獲得した。

 今大会の日本勢を一言で表すなら「チームワークの勝利」だ。アルペン競技の男子座位では、トリノで獲得したメダルは森井大輝の大回転での銀メダル1個のみ。しかし、今大会ではスーパー大回転で狩野亮が金、森井が銅、滑降では森井の銀、狩野の銅、大回転で鈴木猛史の銅と5個のメダルを獲得。チームリーダーの森井は自分のメダルよりも仲間のメダルを喜んで大粒の涙をこぼした。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ