野球クロスロードBACK NUMBER

離脱者続出のヤクルトを一場が救う!
プロ野球人生を懸けた最後の戦い。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/10/05 12:05

離脱者続出のヤクルトを一場が救う!プロ野球人生を懸けた最後の戦い。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

最速154キロのストレートだけでなく、スライダーやカットボールなど様々な変化球を持つ一場靖弘。

「うん。もう、やるしかないっす!」

 ところが、30日の横浜戦では1安打2四球、3失点と1死も取れずに降板。この内容に、本人も「論外です」と自戒の念を口にしたが、俯くことなく前向きに言葉を繋いだ。

「でも、『フォアボールを出すくらいならヒットを打たれてもいい』くらいの気持ちでこれからも投げていきます」

 かつて、「フォアボールは自分の持ち味です」と語っていた男は、投球のみならず心も劇的な変化を遂げたのだ。

 12連戦の直前、指揮官の小川淳司は、投手陣を集め「12連投するつもりで頑張ってくれ」と鼓舞した。この言葉に、一場の士気も高まる。

「今年は一軍でほとんど投げていないので、もちろん12連投するつもりで準備はします。どんどん投げたいです」

 4日の阪神戦もそうだったように、一軍での一場はまだビハインド時でしか投げていない。しかし、バーネットと久古健太郎が離脱し、中継ぎ陣が手薄の今だからこそ、一場にも「勝利の方程式」に加わるチャンスはある。

「どんな場面でも、バッター一人ひとりに集中して投げるだけですから……うん。もう、やるしかないっす!」

 これからの道を閉ざさぬためにも、一場は結果を出すしかない。

 乾坤一擲――。

 そう、やるしかないのだ。

関連記事

BACK 1 2 3
一場靖弘
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ