ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

攻撃にムラが多かったマレーシア戦。
なぜ五輪代表は大勝できなかった? 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2011/09/22 12:15

攻撃にムラが多かったマレーシア戦。なぜ五輪代表は大勝できなかった?<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

「勝ててよかったが自分も決めるチャンスがあったのに……決めないとこれから厳しくなる」。決定的なチャンスも含め、幾度もゴールを狙った清武弘嗣

A代表で活躍した清武をチームメイトはどう考えている?

「弘クンや元気クンがA代表に行ったことの刺激は大きいですよ。みんな、A代表を目標にしているし、早くそのレベルでやりたいと思っている。今日も2人の動きが良かったので、ゴールが生まれたんだと思うし。だからこそ自分がチャンスの時は決めないといけないんですけど……。もっと決定力を高めていかないと次、また出られるか分からないんで」

 東は、そう危機感を露にした。

 奇しくも同じ危機感を、清武も原口も大迫勇也も口にしていた。それだけ厳しい生存競争がチームに根付き、選手は切磋琢磨して成長し続けている。こうしたプラスの要素を反映させ、充実した内容と結果を見せて欲しかったのだが……。

 試合後、マレーシアの監督は「日本に何かしらの困難を与えるという試合は出来た」と胸を張り、「ホームでは何か違ったことが生まれてくると期待したい」と、次に自信をのぞかせた。日本はマレーシアに戦意を失わせるダメージを与えるどころか、逆に勝利の可能性を抱かせてしまったのである。

 初戦という難しさがある中で、勝ち点3を奪ったのは確かに大きい。だが、いまだアウェーでの戦いに不安を残す日本にとって、次戦の11月23日、敵地で行なわれるバーレーン戦は早くも大きな山場になりそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3
清武弘嗣
東慶悟
山崎亮平
永井謙佑
関塚隆
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ