日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

日本代表が北朝鮮に辛勝した内幕と、
明日のウズベク戦に待ちうける罠。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2011/09/05 11:25

日本代表が北朝鮮に辛勝した内幕と、明日のウズベク戦に待ちうける罠。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

アディショナルタイムは5分。吉田が、清武の右サイドからあげたクロスに合わせてヘディングシュートを決めた時間は後半49分。写真は、歓喜の吉田にチームメイトが駆け寄ったシーン

終盤勝負になれば清武、ハーフナーが鍵を握ることも。

 そして、わずかな時間のなかで真っ先に修正すべきポイントは、先ほど指摘したスピードアップの問題だ。

 本田不在のなか、どう攻撃を組み立てていくかを明確にしておかなければならない。

 初戦と同じ布陣で臨む場合、柏木の活かし方を考えたうえでどのようにスピードアップして相手のゴールを脅かしていくかをチーム内で共有しておく必要があるだろう。誰かがくさびに入っても本田のように時間をつくれないため、フォローの動きも重要になってくる。

 ケガ人続きのザックジャパンではあるが、途中から出場して決勝点をアシストした清武、そして高さで相手の脅威となったハーフナー・マイクという楽しみなプレーヤーも出てきた。終盤勝負となれば、彼らの活躍が鍵を握ってくるかもしれない。

「イタリアに『一滴、一滴が海になる』という格言がある。小さいものでも溜まっていけば、海になるという意味。海というのは順位で、一滴というのは勝ち点だ」

 指揮官はW杯予選の戦いを、そう表現した。

 タシケントで「一滴」を得ることができるのか。厳しい戦いが待ち受けていることは言うまでもない。

関連記事

BACK 1 2 3
清武弘嗣
吉田麻也
アルベルト・ザッケローニ
本田圭佑
長谷部誠
香川真司
岡崎慎司
柏木陽介
李忠成
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ