SCORE CARDBACK NUMBER

オリジナル路線を捨てた
シンクロに漂う暗雲。
~“ロシア化”への疑問~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byHiroyuki Nakamura

posted2011/08/03 06:00

オリジナル路線を捨てたシンクロに漂う暗雲。~“ロシア化”への疑問~<Number Web> photograph by Hiroyuki Nakamura

大会前は1日10時間を超える猛練習に取り組んだが、出場した全6種目で5位に終わった

 オリジナリティにこだわって輝かしい成績を残した競技は過去にいくつもある。東京五輪のバレーボール全日本女子、'60年代後半から'70年代初頭に輝かしい成績を残したラグビー日本代表、そしてぎりぎりまで相手をひきつけておいてのショートパスなどで世界一となったなでしこジャパン……。シンクロナイズドスイミングもまた、オリジナルの演技にこだわってきた競技だったが、今、大きな転換を図ろうとしている。ロシアから振り付け師を招いたのである。

 最初の実戦の場となったのは、7月の世界選手権だった。結果は、ロシア人の振り付け師によるプログラムで臨んだチームのテクニカルルーティン、フリールーティンともに5位。今大会にはロンドン五輪の大陸別の出場枠の獲得もかかっていたが、中国に敗れた日本はアジア2位となり、出場権が得られるかどうかは来春の最終予選に持ち越しとなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 548文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<完全保存版>女子ワールドカップ優勝記念なでしこ激闘録。

関連記事

ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ