Column from SpainBACK NUMBER

近代サッカーの思わぬ副産物。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byMarcaMedia/AFLO

posted2008/11/25 00:00

近代サッカーの思わぬ副産物。<Number Web> photograph by MarcaMedia/AFLO

 プエルタの死後、ボライタ医師は、危険を感じたら迷わずダメ出しするようになった。

 「有名選手であろうと誰であろうと、検査結果に納得できなかったら、いまはすぐに不合格とします。『こうすればいい』というアドバイスは、もうしません。スポーツには不向き。それでおしまいです」

 場合によっては、デラレッドもこれで引退となるかもしれない。

 仮にカルデロン会長は間違っていた、デラレッドの心臓は健康だということにしよう。

 しかし、それでも不安は残る。プエルタは死のおよそ1年前、スペイン西部のバダホスで行われた親善試合で目眩を起こした。その直後、クラブの勧めで精密検査を受けたが、心臓にも脳にも異常はみつからなかった。死亡時に確認された疾患も発見されなかった。ところが、後になって言われ始めたことではあるが、プエルタの病気の最初の症状は、このときの目眩なのだ。

 現在レアル・マドリーのメディカルスタッフは神経科医や心臓病の専門医とチームを組んで、デラレッドの検査結果を分析している。カルデロン発言をかき消すように流されたニュースによると、本人は楽観的で、来月初めにも練習を再開できると考えているようだが、ドクターたちは慎重だ。

 昨季ヘタフェで頭角を現し、スペイン代表に選ばれ、ユーロにも出場したデラレッドは今季楽しみな選手の1人だった。だが、彼がピッチに帰ってくる日は当分先ではないだろうか。

関連記事

BACK 1 2
ラモン・カルデロン
アントニオ・プエルタ
デラレッド

海外サッカーの前後の記事

ページトップ