SCORE CARDBACK NUMBER

レブロン・ジェイムスが、本当のキングになる日。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2007/06/14 00:00

 プロスポーツの世界では“賞賛”と“批判”は常に隣合わせだ。たとえ22歳の若さで自ら『キング』と名乗っても、勝負どころのプレーをひとつ決めれば「あだ名にふさわしく自信にあふれた選手だ」と賞賛され、失敗すれば「自惚れがすぎる」と批判される。

 東カンファレンス・ファイナル第1戦、クリーブランド・キャバリアーズのキングことレブロン・ジェイムスは、試合終了間際、2点を追う場面でドライブインからゴール下まで入りこむと、コーナーでノーマークだったチームメイトにパスを出した。このチームメイトの3ポイントシュートが決まれば逆転に成功し、「さすがはレブロン」と賞賛されたであろう、教科書通りの美しいプレーだった。しかし現実にはシュートは外れ、そのことでシュートを外した選手よりも、ジェイムスが批判の矢面に立たされた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 562文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

スーパーアグリ主義。 Pride,Passion&Potential
クリーブランド・キャバリアーズ
レブロン・ジェームズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ