SCORE CARDBACK NUMBER

尾花新監督が「20勝可能」。
眠れる逸材は“恐れぬ男”。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/03/02 06:00

尾花新監督が「20勝可能」。眠れる逸材は“恐れぬ男”。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

'06年高校生ドラフト1巡目で横浜入団。先発での勝ち星は1年目初登板で挙げた1つのみ

 尾花高夫が横浜の新監督に就任して、ガラリとチームの雰囲気が変わった。球団OBではないため、しがらみもなく思い切った改革ができるのだろう。優勝から遠ざかり、ぬるま湯体質に慣れたチームには、うってつけの人材である。

 リーグ最下位の防御率に終わった投手陣も、明るい兆しが見えてきた。エースの三浦大輔、ダイエー時代の教え子だった寺原隼人、助っ人のランドルフ、さらにはロッテから移籍した清水直行など、戦力は整いつつある。

 でも先発がもうひとり必要だね、と水を向けると尾花はこう反論した。「山口俊がいるじゃない。彼は20勝できる素材だよ。今季は先発を任せるから」とキッパリと言ったのだ。理由を尋ねると「先発はタフでなければならない。山口は心身共に強いし、何より球に力があるからね」と話してくれた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

尾花高夫
山口俊
横浜ベイスターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ