SCORE CARDBACK NUMBER

ザウバー入りを果たした
小林可夢偉にかかる期待。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2010/01/18 06:00

ザウバー入りを果たした小林可夢偉にかかる期待。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

昨季はF1デビュー2戦目の最終戦アブダビGPで6位入賞。シートを実力で勝ち取った

 17人目の日本人F1参戦ドライバー、小林可夢偉。'10年シーズンの契約をザウバーチームが昨年12月に正式発表し、レギュラードライバーに抜擢された。ザウバーはスイス籍のインディペンデントチームで、小林は初めてフェラーリエンジンで戦うことになる。

 '87年、中嶋悟がロータス・ホンダで初めてフル参戦デビューして以来、'00年、'01年の2シーズンだけ日本人ドライバー不在の期間があった。メーカーとしてはホンダ、無限ホンダ、ヤマハ、トヨタが昨年まで挑戦し続けてきたが、今年ついに途切れることになった。それだけに小林への期待は高まり、本人も「みなさんから言われて責任重大だなとあらためて感じています」と語る。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 618文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

勝つ組織論。最強チームのつくり方

関連記事

小林可夢偉
BMWザウバー

F1の前後の記事

ページトップ