SCORE CARDBACK NUMBER

開幕3戦を圧倒したフェラーリの新戦略。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2004/05/06 00:00

開幕3戦を圧倒したフェラーリの新戦略。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

 ポールポジションからスタートして勝つことを“ポール・トゥー・フィニッシュ”と表現する。2004年、M・シューマッハーは開幕オーストラリアGPで通算30回目のポール・トゥー・フィニッシュを決めた。これは故A・セナの29回を破る新記録で、それからマレーシアGP、バーレーンGPと勝利を積み重ねた。

 彼自身、開幕からこれほどの強さを見せた年はない。フェラーリは予想以上の速さでこの開幕3戦を走り抜けた。追う側のウイリアムズがもうひとつピリッとしないし、ルノーとB・A・R・ホンダは表彰台の一角に食い込んで健闘を見せるものの、マクラーレンは大不振――。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 653文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

The Breaks of The Game勝負の力学。 一瞬に隠れた20の物語
ミハエル・シューマッハー
フェラーリ

F1の前後の記事

ページトップ