SCORE CARDBACK NUMBER

ジャパン初の外国人指揮官。その手腕への不安と期待。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2005/08/04 00:00

ジャパン初の外国人指揮官。その手腕への不安と期待。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

 ラグビー日本代表に、初めて外国人指揮官が就任する。

 日本協会は日本代表の監督制を廃止。総務・運営面を統括するGM(ゼネラルマネージャー)とグラウンド上の指導に専念するHC(ヘッドコーチ)とに権限を分離し、7月19日の理事会で、フランス人、ジャンピエール・エリサルドのHC就任を決定したのだ。本稿が読者の手に届く頃にはエリサルドが再来日して就任会見を開いているかもしれない。

 フランスの西部ラ・ロシェルで生まれたエリサルドは51歳。27歳でコーチの道に入り、名将ジャック・フルー監督時代の'87〜'88年にはフランスA代表を預かった。今年3月に日本代表のテクニカルアドバイザーに就任。以後アイルランド戦までの3カ月間チームに帯同した。FW担当だが現役時代はSH。現フランス代表SHのジャンバティストは息子である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 594文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

天才少女伝説。Teenage Daydream

Sports Graphic Number 633

天才少女伝説。
Teenage Daydream

 

ラグビーの前後の記事

ページトップ