SCORE CARDBACK NUMBER

夏到来。慶大は“地獄”の合宿を越えてゆけるか。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2005/09/01 00:00

夏到来。慶大は“地獄”の合宿を越えてゆけるか。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

 「コンチクショウ! と思う気持ちを持って欲しいんですよ」

 慶大の新監督、松永敏宏は言った。真夏の山梨県山中湖。高原の湖畔にあるグラウンドは突然の雷雨に見舞われていた。選手たちは全身に泥を貼り付けてボールを追う。松永はその姿を目で追う。

 「誰だって、頑張ったのに結果が出なければ腹が立ちますよ。昔の慶応なんて、それだけでやってたようなもんですよ。でも何もやってなかったら腹も立たない……実際、去年のワセダ戦なんて、やられっ放しでしたもんね」

 過去4年間の早大戦のスコアを見れば、松永の嘆きも理解できる。21対54、5対74、29対56、そして昨季が17対73。控えめに言っても全て大敗だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 609文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[詳報!W杯最終予選1位通過]日本代表 誇りを胸に。

ラグビーの前後の記事

ページトップ