SCORE CARDBACK NUMBER

サンダーの躍進を支える
若きGMの贅沢な悩み。
~迷える青年に開けたNBAへの道~
 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2011/05/06 06:00

サンダーの躍進を支える若きGMの贅沢な悩み。~迷える青年に開けたNBAへの道~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

史上2番目の若さでGMに就くと、巧みなドラフトやトレードで戦力を徐々に充実させた

 サム・プレスティ(現オクラホマシティ・サンダーGM)は大学を卒業したとき、進路に迷っていた。法律学校に行くか音楽学校に行くか。法律は大学の専攻のひとつ。音楽はドラマーとしていくつものバンドを掛け持ちして活動していた。まったくかけ離れた2つの選択肢で悩むというのは、それだけ興味の幅が広く、多才であったということだが、本人は「何をしたらいいか決められなかっただけ」と振り返る。

 NBAへの道は当初、選択肢には入っていなかった。大学はバスケットボールでは無名のエマーソン大。4年間プレーし、最後の2年はキャプテンも務めたが、このスポーツを仕事にすることは現実的ではないと思っていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 627文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州サッカー総力特集 名将が語るベストゲーム。

関連記事

サム・プレスティ
オクラホマシティ・サンダー

バスケットボールの前後の記事

ページトップ