SCORE CARDBACK NUMBER

絶好調のサンズを支えるナッシュの存在感。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2005/04/14 00:00

 昨年10月、フェニックス・サンズのトレーニングキャンプ中のこと。紅白戦でオーバータイムを何度やっても同点で、決着がつかなかったことがあった。しかたなくコーチが同点のまま練習を終わらせると、「決着がつくまでやるべきだ。バスケットボールに引き分けはないんだから」とコーチに食ってかかった選手がいた。キャンプ当時30歳、チーム最年長だったスティーブ・ナッシュだ。温厚な性格の裏で、人一倍負けず嫌いの彼は、勝負がつかないままに終わることに納得できなかった。

 昨季は29勝53敗とどん底の成績だったサンズが、今季は一転して53勝17敗(3月28日現在)と好調で、リーグ首位を争っている。その大躍進の理由のひとつに、ナッシュの加入がある。今季ナッシュが怪我で欠場した6試合のサンズの成績が2勝4敗であることからも、いかにチームにとって大きな存在かがわかる。的確なアシストを配し、チームメイトの才能を生かす名ポイントガードというだけでなく、見かけによらず熱い男でもある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 502文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[創刊25周年特別編集]W杯最終予選完全詳報 日本代表 彼らの証言。

バスケットボールの前後の記事

ページトップ