SCORE CARDBACK NUMBER

2006→2007。格闘技はどうなるのか。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2007/01/11 00:00

2006→2007。格闘技はどうなるのか。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 バブルの終焉は何の前触れもなくやってくる。2007年の格闘技界は間違いなく「再編成」の1年になるだろう。アメリカのマーケットを見てほしい。'06年7月、クイントン・“ランペイジ”・ジャクソンやバス・ルッテンらを招聘して華々しく再スタートを切ったWFAは早くもタップアウト。UFCに買収されることになった。興行戦争における弱肉強食は世の常。その他の新興イベント組織や団体も消滅、あるいは大手組織に吸収される可能性は高い。

 ネームバリューの高い選手を高額のファイトマネーで引き抜ければ、浮動層の獲得は期待できる。問題はそのあと。いつまでも“かませ犬”と闘わせていたら、洞察力を持ち始めたファンに「どうせ赤コーナーの方が勝つんでしょ?」と見透かされてしまう。総合格闘技ならではの「攻防」を見せなければ、固定ファンを納得させることはできない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 557文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[総力特集 2006年の真実]甦る死闘。

格闘技の前後の記事

ページトップ