SCORE CARDBACK NUMBER

サッカー界にも忍び寄る
“日本”への過剰な反応。
~原発事故が欧州に及ぼす影響~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/05/04 08:00

サッカー界にも忍び寄る“日本”への過剰な反応。~原発事故が欧州に及ぼす影響~<Number Web> photograph by AFLO

ザックの呼びかけによって、地震の経験があるペルージャで慈善試合が開催されることに

 東日本大震災直後の欧州サッカー界の動きは迅速だった。

 欧州サッカー連盟は各スタジアムで被災者を励ますメッセージを掲げ、募金やオークションで支援するクラブもあった。バイエルン・ミュンヘンやスペイン代表はチャリティマッチ開催にも前向きで、今後もサッカー界の支援は続きそうだ。

 その一方で、福島の原発事故に対する不安は、ヨーロッパの人々の間でも日に日に大きくなっている。

 チェルノブイリ事故を間近で経験していることもあり、原子力に対しては元々敏感だ。各地で原発反対運動も起き始め、スイスのバーゼル州は「欧州でも活発な地震帯に位置する」と、近郊のフッセンハイム原発の運転停止を仏に要請するなど、国際問題にも発展している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 603文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州サッカー総力特集 名将が語るベストゲーム。

関連記事

海外サッカーの前後の記事

ページトップ