SCORE CARDBACK NUMBER

日の丸若手3人衆よ、角界をさらに熱くせよ。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

posted2007/01/25 00:00

 年間6場所完全制覇、年間84勝の新記録と圧巻の強さを見せた一昨年の朝青龍。勝ち過ぎ症候群のためか、勢いは昨年前半、一瞬止まるかに見えた。

 新大関白鵬の初優勝、新入幕把瑠都の大暴れ。朝青龍独走時代が終焉を迎え、群雄割拠の戦国時代に突入か──。相撲ファンの期待は、確信に変わることはなかった。昨年後半、新時代の旗頭だった白鵬と把瑠都がまさかの大失速。他の幕内上位陣もその穴を埋められず、朝青龍は軽々と3連覇を達成、再び不動の地位を築き上げた。

 優勝回数は大横綱の仲間入りを示す20回に王手をかける19回。5年連続の年間最多勝も獲得した無敵の王者の口からは「もう、ライバルは自分自身。自分自身の心だと思っていますから」という余裕のコメントが飛び出した。気を緩めなければ、まだ当分は俺の天下とばかりに、連勝記録更新も宣言した朝青龍。今年もその壁は恐ろしく頑強で高い。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

相撲の前後のコラム

ページトップ