SCORE CARDBACK NUMBER

モンゴル勢の草分け、旭鷲山昇の15年。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

posted2006/12/21 00:00

 技のデパートモンゴル支店閉店。

 九州場所2日目、大島部屋の旭鷲山が心臓の病気(虚血性心疾患)を理由に引退した。横綱朝青龍を頂点に、今や幕内に8人が揃う大相撲界最大勢力となったモンゴル軍団。そのパイオニア的存在の旭鷲山は、旭天鵬らとともに、平成4年春場所で初土俵を踏んだ。入門当初は厳しい稽古や日本の生活習慣に馴染めず、モンゴル大使館に逃げ込んだこともあったが、師匠に説得されて相撲道に専心。その後、僅か3年(平成7年春場所)で新十両に昇進し、翌年秋場所には新入幕を果たした。新入幕から所要3場所で小結に昇進したが、その場所で負け越し。以後1度も三役に復帰する事はなく、今場所まで58場所連続平幕在位という史上1位の珍記録を打ちたてている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

相撲の前後のコラム

ページトップ