SCORE CARDBACK NUMBER

独立して歩む、千葉真子の「集大成」。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2005/09/15 00:00

 真夏の札幌を走る2005北海道マラソンで、千葉真子(豊田自動織機)が2年連続3度目の優勝を飾った。今年2月に佐倉アスリート倶楽部の小出義雄代表の元を離れ、独立してから初めてのレースとなったが、30度の猛暑をものともせずにスタートから飛ばし、見事に2時間25分46秒の大会新で快勝した。

 今回のレース前の練習メニューはすべて千葉が1人で考えて実行した。練習パートナーはトレーナー兼マネジャーの男性が1人いるだけ。至れり尽くせりだった小出門下生の頃とは雲泥の差だ。だが、旭化成の宗兄弟と小出代表の元で学んだ千葉にとって、練習を組み立てること自体はさして難しいことではなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 632文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[海外組10人の新たなる挑戦]欧州に誓う。
千葉真子

陸上の前後の記事

ページトップ