SCORE CARDBACK NUMBER

クルマが良いから勝てるわけでもない。 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

posted2006/05/08 00:00

 自動車レースにおける精神力の影響を、4月16日に鈴鹿サーキットで開催された全日本F3選手権シリーズ第4戦で目撃した。F3はプロの入口だが、才能はあっても経験が少なく精神力に課題を残す若い選手が多く出走する。近年、様々な分野のアスリートがメンタルコントロールの重要性を口にするが、モーターレーシングでも同じことだ。

 レースに勝ったのは伊沢拓也。今年F3にデビューしたばかりの新人だが、圧倒的な強さと速さを示してライバルをねじ伏せる完勝であった。しかし、本来ならば伊沢はこうしたレースを1年前に見せているべき男であり、それを期待されていた男であった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 624文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表総力インタビュー W杯に誓う。 We've got to do it !

モータースポーツの前後の記事

ページトップ