SCORE CARDBACK NUMBER

子供の頃からK-1!HIROYA世代登場。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2007/05/31 00:00

子供の頃からK-1!HIROYA世代登場。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 キーワードは14、15歳。近頃、リングスポーツの世界では15歳前後の台頭が目ざましい。K-1のHIROYAや亀田兄弟の三男・和毅がいい例だ。彼らはいずれも15歳で、今春中学を卒業したばかり。今年に入ってからK-1で2戦2勝のHIROYAは4月中旬に訪タイ。現地のインターナショナル・ハイスクールに通いながら、ムエタイの名門ゲオサムリットジムで修行するという文武両道の道を選んだ。

 一般的にタイのインターナショナル・スクールは上流階級の子弟が通う学校として知られている。対照的にムエタイのジムは貧困層出身の10代が多い。両極端の環境に身を置くことで、HIROYAは人としての幅を広げようとしているのだろうか。現段階では人気先行の感が強いHIROYAだが、“金の卵”であることは事実。この逸材を生かすか殺すかは異国での本人の精進とともに、K-1のマッチメーク手腕にかかっている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 535文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本代表 最後の戦い]奪取。

Sports Graphic Number 649

[日本代表 最後の戦い]
奪取。

 

亀田和毅
HIROYA

格闘技の前後の記事

ページトップ