SCORE CARDBACK NUMBER

不人気totoが左右する日本スポーツの行く末。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2004/06/17 00:00

 サッカーくじ(toto)の不人気が、ついに五輪の選手強化にも影響を及ぼし始めた。現在、日本オリンピック委員会(JOC)認定の五輪強化指定選手は、日本スポーツ振興センターから毎月一定額の強化費を支給されている。この強化費はスポーツ振興基金からの助成で、政府からの出資金や民間の協賛金などを原資としている。これらに加えて'01年度にtotoが始まってからは、その収益からの繰入金も入るようになり、メダルが狙える「エリートA」選手には月額20万円、それに次ぐ「エリートB」選手には10万円、AとBのスタッフにも各10万円が支給されてきた。ところが近年の低金利で原資が目減りした上、期待していたtotoからの繰入金も'04年度はついにゼロとなり、やむなく夏季競技の選手については今年10月から12月までの3カ月間、支給を停止することになった。強化費の支給は1990年から始まったが、一時的とはいえ支給が滞るのはもちろん初めてのことである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 520文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

EURO2004

Sports Graphic Number 604

EURO2004

 

他競技の前後の記事

ページトップ