SCORE CARDBACK NUMBER

バトンの天才・稲垣正司、目指すは世界大会10連覇。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byGunji Maeda / Japan Sport Baton Association

posted2004/07/15 00:00

バトンの天才・稲垣正司、目指すは世界大会10連覇。<Number Web> photograph by Gunji Maeda / Japan Sport Baton Association

 発祥の国はアメリカ。だが今や日本の“お家芸”として世界から賞賛と喝采を浴びるスポーツ、それがバトントワリングだ。

 何しろ実績が凄い。'92年のフランス・パリでの世界選手権大会以来、日本は国別総合成績で12連覇という快挙を成し遂げている。

 ゆめゆめ「たかがバトン」などと思うことなかれ。選手たちは、銀色のバトンを生き物のように操りながら、宙返りやハイジャンプなど体操選手顔負けの演技を見せる。繊細かつアクロバティック――。バトントワリングでは、異なる2つの世界が融合するのだ。

 常勝・日本チームのエースであり、圧倒的な技術の高さから「バトンの申し子」と呼ばれるのがバトントワラーの稲垣

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

稲垣正司
バトントワリング

他競技の前後のコラム

ページトップ