SCORE CARDBACK NUMBER

W杯観戦では発炎筒を侮ってはいけない! 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

posted2005/04/14 00:00

 W杯がらみのちょっと怖い話をお伝えしよう。

“ベンガル式”というタイプの発炎筒を、ご存知だろうか? 車に積んである普通の発炎筒とは違う。導火線がついた円柱状のシロモノで、最近ドイツでは、この発炎筒が大問題になっているのだ。ベンガル式は一度着火すると消すことはできず、炎は2000℃を超える。これは鉄さえも溶かす温度だ。ドイツのスタジアムでは、ファンの投げた燃え盛る発炎筒が胸に直撃して、肺の一部が溶けてしまった被害者も出ている。ドイツサッカー協会の警備責任者のゼングレ氏は「毎週、ケガ人が病院に運び込まれてくる」と頭を抱えているほどだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 608文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[創刊25周年特別編集]W杯最終予選完全詳報 日本代表 彼らの証言。

関連記事

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ