SCORE CARDBACK NUMBER

マラソン“谷間のシーズン”。出でよ、新戦力。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2004/12/16 00:00

 11月21日に行われた東京国際女子マラソンは、千葉真子(豊田自動織機)らが積極的に先頭集団を引っ張ったが、終盤に猛追したブルーナ・ジェノベーゼ(イタリア)が40km過ぎに逆転し、2時間26分34秒で優勝した。日本選手では27歳の嶋原清子(資生堂)が国立競技場に入る直前に千葉を抜き、2位に入ったのが最高だった。

 日本陸連では東京、大阪、名古屋の国内3レースで日本人最高になり、2時間26分を切った選手は自動的に来夏の世界選手権(ヘルシンキ)代表にすることを決めていたが、嶋原のタイムは2時間26分43秒で、その条件を満たすことはできなかった。しかし沢木啓祐強化委員長は「昨年も3位と安定しているし、常に高いところに挑戦している」と高い評価を与え、現時点では代表の最有力候補となった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 588文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカーには浦和がある。THE ONE AND ONLY REDS

陸上の前後の記事

ページトップ