SCORE CARDBACK NUMBER

ミケルソンが嵌った“魔の18番ホール”。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2006/07/04 00:00

ミケルソンが嵌った“魔の18番ホール”。<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

 予期せぬ結末は、どんなスポーツでも起こりうる。時として、王者が格下の若者に敗れ去ることもある。106回目の全米オープンでは、その予期せぬ結末が起こった。

 首位のフィル・ミケルソンとケネス・フェリーを、1打差でジェフ・オギルビーが追う展開で迎えた最終日。左打ちの名手、ミケルソンが11番ホールでバーディーを奪って単独首位に躍り出る。13番でボギーを叩いたが、続く14番ですぐさま取り返し、この時点で2位に2打差をつけた。メジャー優勝経験があり、今年のマスターズも制しているミケルソンなら、これから勝利のレールにゲームをどう乗せ、どうコントロールしていけばいいか十分承知しているはずだ──。誰しもがそう思っていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 596文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカーは死んだのか。

Sports Graphic Number 2006/7/4臨時増刊

日本サッカーは死んだのか。

 

フィル・ミケルソン

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ