SCORE CARDBACK NUMBER

生涯現役を貫く69歳、杉原輝雄の生き様を知れ。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

posted2006/08/03 00:00

 69歳の杉原輝雄が元気だ。

 プロゴルフでは、50歳を過ぎるとシニアツアー(米国ではチャンピオンズツアー)という別のフィールドの大会が用意されている。だが69歳の杉原は、自分の息子よりも若い選手たちに混じって、レギュラーツアーで今も奮闘中だ。

 '98年、杉原は前立腺がんと診断された。

 「60歳を超えた私には、休んでいる暇はない。50歳なら手術をして1年間休んで、また試合に出るという選択肢もあっただろうけど……」

 杉原は手術をせずに治療を重ね、さらにこのときから過酷な加圧式トレーニングを始めた。自分がピンチのときに、さらに自分を追い詰めて乗り越える。実に杉原らしい生き方だと思う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 597文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

されど格闘は続く。GET OVER THE CRISIS

Sports Graphic Number 658

されど格闘は続く。
GET OVER THE CRISIS

 

杉原輝雄

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ