SCORE CARDBACK NUMBER

金のまわしに隠れた、いぶし銀の古参力士。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

posted2005/04/14 00:00

 全勝優勝こそ逸したものの、余裕の独走劇で大阪場所連覇を果たした朝青龍。かつては東京場所に比べて地方場所に弱いと言われていたが、今やそんなジンクスも完全に払拭した。特にこの大阪場所は、師匠の高砂親方(元大関朝潮)が初優勝。先々代高砂親方(元横綱朝潮)も4回優勝と、高砂部屋にとっては抜群の相性を誇る。懸賞金を受け取る手刀も右手で切るように直し、心技体全てに幅が出たという感すら抱かせた。その土俵上の姿から放たれた神々しいまでの輝きは、決して新調した黄金色の締め込みだけのせいではない。ライバル不在、強過ぎるが故の孤高の闘いは、これからも当分続きそうである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 626文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[創刊25周年特別編集]W杯最終予選完全詳報 日本代表 彼らの証言。

相撲の前後の記事

ページトップ