SCORE CARDBACK NUMBER

新日の身売りに喝!今あの人がいれば……。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2005/12/08 00:00

新日の身売りに喝!今あの人がいれば……。<Number Web> photograph by Essei Hara

 業界の盟主、新日本プロレスがゲームソフト会社ユークス(大阪府堺市)の子会社となった。

 創業者であるアントニオ猪木が、11月30日付で発行済み株式の51.5%をユークス側に売却するというもので、関係者の間では10・8東京ドーム大会頃から噂になっていた新日本の身売り話だった。

 '02年の創立30周年記念パーティーの席で「年商50億円達成、自社ビル建設」とスローガンを掲げてから僅か3年である。「あきれた」としか言い様がない。来春1月4日の東京ドーム大会以後、ドーム興行撤退の表明がより虚しく響く。

 11月16日付の東京スポーツにみる猪木のインタビュー記事によれば、「すべてはオレの責任……」としながらも、「健全な経営に戻して軸足を固めればいい」というコメントがあった。日本プロレス時代から猪木の言動を知る者には、実入りが少なくなったから投げ出した、としか映らない。開いた口が塞がらない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 528文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

World Cup Germany 2006 Countdown 1 ドイツW杯出場32ヵ国決定。 選ばれし者たち The 32 Survivors for Germany
アントニオ猪木
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ