SCORE CARDBACK NUMBER

ノーヒッター八木智哉。悪環境が生んだ投球術。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2006/05/08 00:00

 今年は新人がおもしろい。高卒で51年ぶりに開幕スタメンマスクをかぶった西武・炭谷銀仁朗。先発勝利ルーキー一番乗りを果たしたオリックス・平野佳寿。中継ぎでフル回転の巨人・福田聡志。そして、4月15日のソフトバンク戦で10回までノーヒットノーランというとんでもないピッチングをしたのは、日ハムの希望枠ルーキー、八木智哉である。

 0―0のまま10回で降板したため、勝ち星も記録も逃したが、新人の無安打無得点は、'87年の中日・近藤真一以来。延長まで投げて無安打無得点を達成したのは、'73年の阪神・江夏豊(11回)だけだから、球史に名を残す快投といっていい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 652文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表総力インタビュー W杯に誓う。 We've got to do it !
八木智哉
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ