SCORE CARDBACK NUMBER

インド巨大市場を狙え。MLBが目論む拡大路線。 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

posted2008/12/18 00:00

 1985年、スポーツイラストレイテッド誌で、ヒマラヤからやってきたシド・フィンチという投手が時速270kmの剛速球を武器にメッツのキャンプに参加したという特集が組まれた。4月1日号ということで、残念ながらこれはエイプリルフールの冗談だったが、時を経て、ヒマラヤの麓から本当に2人の投手がやってきた。

 パイレーツがインド出身のリンク・シン、ディネシュ・パテル両投手とマイナー契約を交わしたのだ。同国のTV番組の企画で3万人の中から選ばれた2人は今年5月に渡米。今年に入って野球を覚えたというが、半年間のトレーニングで145km以上の速球と変化球を習得し契約を勝ち取った。もちろんインド人選手はMLB史上初。米国メディアだけでなく、日本の一般紙やワイドショーにまで取り上げられた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 565文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

攻撃進化論。ATTACKING EUROPE

Sports Graphic Number 718

攻撃進化論。
ATTACKING EUROPE

 

リンク・シン
ディネシュ・パテル
姚明
ニューヨーク・メッツ
ピッツバーグ・パイレーツ
カーティス・グランダーソン

MLBの前後の記事

ページトップ