SCORE CARDBACK NUMBER

打倒!朝青龍の最右翼、黒海太強さの秘密。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

posted2004/07/15 00:00

 初場所初日からの連勝記録こそ35でストップしてしまったが、初の3連覇を達成した朝青龍。その後の中国公演や勝ち抜き大相撲などの花相撲でも優勝街道をひた走るひとり横綱である。年間6場所完全制覇、年間最多勝という新たな目標を掲げて臨む名古屋場所も、死角は全く見当たらない。飽くなき勝利への執念と、横綱としての責任感は、やはり他の追随を許さない。

 特に先場所は、星の差一つの相手を無言の圧力で追いつめる、自身初の逆転優勝を飾った。決定戦という大一番を制しての優勝の味は、そのこぼれんばかりの満面の笑みが示すように、格別だったに違いない。先行逃げ切りだけではなく、逆転での優勝の味を知った朝青龍が大崩れすることは、余程の怪我でもない限り考えにくい。ライバル不在という精神的には酷な状況ではあるが、朝青龍の名古屋場所制覇の確率は、100%に限りなく近いといえる。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

朝青龍

相撲の前後のコラム

ページトップ