SCORE CARDBACK NUMBER

ベテランの連続優勝と
意外な共通点。
~アラフォーに教えられた忍耐力~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byKYODO

posted2009/06/23 06:00

ベテランの連続優勝と意外な共通点。~アラフォーに教えられた忍耐力~<Number Web> photograph by KYODO

 日本男子ツアーは、2週連続して無名のベテラン選手が優勝した。大洗ゴルフ倶楽部で開催された三菱ダイヤモンドカップでは、38歳の兼本貴司。2006年にシード権を失った彼は、中嶋常幸の門を叩き、出直しをした。

 翌週のUBS日本ツアー選手権では、40歳の五十嵐雄二が、プロ入り18年目でツアー初優勝を果たした。

 ふたりの優勝に共通していることのひとつは、開催コースの難易度。大洗も、宍戸ヒルズも距離が長く、しかも日本ツアーの中でも、最も難しいコースのベスト5に入る。そんな中で好成績を残すには、忍耐力が必要だ。通常のトーナメントならば、まずはいくつバーディを獲るか、という攻めのゴルフが中心になる。ところが、左右のラフが深く、林などが迫っている難コースでは、球筋をしっかりとコントロールでき、なおかつ、ショートゲームでの多彩な技術がものをいう。そして、できる限りボギーを叩かずにパーを死守するゴルフが要求される。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 495文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

WBC後の物語。9 Stories about SAMURAI

Sports Graphic Number 731

WBC後の物語。
9 Stories about SAMURAI

 

関連記事

中嶋常幸
五十嵐雄二
兼本貴司

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ