SCORE CARDBACK NUMBER

オーバーテイク続出が、モナコの街を熱くした。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2005/06/09 00:00

オーバーテイク続出が、モナコの街を熱くした。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

 夜になっても騒ぎは収まっていない。モナコGP挑戦5回目で初めてパーフェクト・ウイン(ポール・ポジションから全周回をリード)したK・ライコネン。表彰台では「もっと喜べよ」とも思ったが、今頃史上27人目“モナコ覇者”になった嬉しさを噛み締めているはずだ。

 勝ったライコネンだけは78周、誰ともバトルはなかった。こういった自分だけのクルージング・パターンはしばしばある。それでも今年のモナコは賑やかで華々しく、激しく熱かった。狭い公道でこれだけサイド・バイ・サイド、オーバーテイクが見られた年も珍しいからだ。抜かずに黙って順位を上げたものは一人もいなかった。2位N・ハイドフェルド(予選6位)、3位M・ウェバー(同3位)はポイントリーダーたるF・アロンソをシケイン入口でかわして逆転。まさにトンネルを抜けたあと青空の下で、ウィリアムズ・BMWは、今季初めてルノーを実力で抜いてみせた。逆転を許したアロンソとルノーは、CSスカパー生中継ではすでに申し上げたが、チョイスしたリア・タイヤが早めに磨耗。同じミシュラン系チームの中で彼らだけがマシンとタイヤのマッチングが完全ではなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 454文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

決戦。 Germany will be mine!

Sports Graphic Number 629

決戦。 Germany will be mine!

 

F1の前後の記事

ページトップ